大きさ・生産量・型コストから選ぶ生産方法

お客様の製品に最適な方法をお選びいただけます。

成形方法には、大きく分けて3つの種類があります。
それぞれに強みが異なり、ご予算や製品のサイズ、生産量等の条件に応じて、最適な方法をお選びいただくことができます。

特徴から選ぶ

金型コストを抑えたい方、大型品をつくりたい方

真空成形・圧空成形

金型製作期間が短く、射出成形型と比べ、金型にかかるコストが1/6~1/10程度。
縦1600mm、横2500mm、深さ720mmまでの大型成形が可能。
※フィルムを成形する場合は、大量生産向き。

詳細を見る

加飾成形品を量産される方

フィルムインサート成形・インモールド成形

高品位な加飾成形品の量産に最適。
成形品裏面の形状自由度も高い。

詳細を見る

フィルム表面の意匠性や質感を求める方

3次元ラミネート・NGF/TOM成形

フィルム表面の意匠や凹凸感、質感をありのまま表現する加飾成形品に対応。
縦700mm×横1000mmまでの加飾成形が可能。

詳細を見る

比較して選ぶ

プラスチック成形のスペシャリストである私たちができること、
それは、硬質・軟質・発泡体・複合多層材料・薄板から厚板まで、あらゆる素材をあらゆる形に成形加工し、
固定概念にとらわれない製品作りに取り組むことです。

プラスチック成形品のことなら、第一プラスチックにお任せください。


  • お問い合わせは

  • 072-949-6686
  • メールでのお問い合わせ