企業情報

経営理念

人と社会の幸福に貢献し、時代の少し前を歩く企業へ

第一プラスチックは、「あらゆる素材をあらゆる形に」をスローガンに、プラスチック成形を手がける会社です。
過去に培ってきた技術力に、新たな技術を複合させる事で、時代のニーズに対応する製品をご提案しています。
ものづくりを通じて、人々や社会の幸せに貢献することが私たちのミッションです。
世の中にない新しい付加価値を創造するために、時代やライフスタイルの変化に対して、
つねに先を読みながら行動できる変化対応力のある企業をめざしています。

会社概要

企業名 第一プラスチック株式会社
代表取締役社長 松田 雄一郎
設立 1974年
資本金 3,000万円
従業員 80人
事業内容 プラスチック成形品の製造
真空成形、圧空成形、フィルムインサート、3次元加飾、機能性フィルムや特殊素材と成形品の複合化技術の開発、フィルムの成形テスト、評価、研究開発支援
所在地 〒581-0043 大阪府八尾市空港1-117
真空成形・NC工場/金型倉庫/事務所・材料・冶具倉庫/加工組立工場/製品倉庫/第2・3・4工場
グループ会社 株式会社プロセシオ
〒581-0042 大阪府八尾市南木の本8-93-2
事業内容:有機系太陽電池、色素増感太陽電池等の研究開発及び研究開発受託、
     不動産等の投資運用

株式会社ユニバーサルグラフィック
〒581-0042 大阪府八尾市南木の本8-88
事業内容:加飾成形品フィルムインサート等、シルク印刷品の製造
品質規格
品質方針
ISO9001 JQA-QM5254
お客様の期待やニーズに、いつもお答えできる製品・サービスを提供する。
常に要求事項への適合と顧客満足を志向する。
品質マネジメントシステムの継続的改善に努める。
環境規格
環境方針
ISO14001 JQA-EM3440
「地球環境との共生」が世界的なテーマとなっている状況において、第一プラスチック株式会社では、
環境マネジメントシステムを確立、実行し、継続的改善と汚染の予防を行なう事により環境負荷を削減し、
社員各人が地球環境の改善に貢献する。

沿革

1968年(S43) 1月 大阪市にて現会長・松田正夫、第一プラスチックとして個人創業
1972年(S47) 12月 現所在地に移転
1974年(S49) 9月 資本金400万円にて法人改組現社名となる
1983年(S58) 12月 隣接地八尾市空港1-119に仕上、組立棟竣工
1987年(S62) 12月 資本金を1,000万円に増資
1990年(H02) 8月 本社隣接地 八尾市空港1-117-2に金型倉庫竣工
1991年(H03) 1月 本社隣接地 八尾市空港1-118に事務所材料倉庫竣工
1994年(H06) 7月 本社隣接地 八尾市空港1-123-2に製品倉庫竣工
1996年(H08) 10月 八尾市空港1-132 本社第二工場稼働
2000年(H12) 9月 ISO9001認証取得
2002年(H14) 9月 松田 雄一郎 代表取締役社長就任
  9月 八尾市空港1-149-2 本社第三工場稼動
2003年(H15) 12月 ISO14001認証取得
2006年(H18) 9月 新事業活動促進法に基づく経営革新計画承認
2007年(H19) 8月 八尾市南木の本8-88 南木の本工場稼働
2009年(H21) 9月 経産省 21年度試作開発等支援事業 認定
  11月 大阪府 ものづくり優良企業賞 受賞
2010年(H22) 9月 関西モノ作り元気企業 受賞
  12月 八尾市 中小企業地域経済功績者顕彰 受賞
2011年(H23) 3月 八尾市空港1-128-1 本社第4工場稼働
2013年(H25) 8月 経産省 24年度試作開発等支援事業 認定
2015年(H27) 8月 八尾市若林町2-57 若林工場稼働

プラスチック成形のスペシャリストである私たちができること、
それは、硬質・軟質・発泡体・複合多層材料・薄板から厚板まで、あらゆる素材をあらゆる形に成形加工し、
固定概念にとらわれない製品作りに取り組むことです。

プラスチック成形品のことなら、第一プラスチックにお任せください。


  • お問い合わせは

  • 072-949-6686
  • メールでのお問い合わせ